家庭用のバスケットゴールの選び方おすすめを紹介壁掛け式とスタンド式

バスケットボール

自分の趣味やお子さんのバスケットをしていて、家にバスケットゴールを買おうと思っていいるけどいろんな種類があってどのゴールを選んでいいか悩んでいませんか?

私は家にバスケットゴールを持っていて、友達の家でもいろんなバスケットゴールでバスケをしてきました。このゴールいいなとか思いながらバスケをしていました。

この記事ではどのバスケットゴールを選んだらいいのかミニバスではこのサイズなど、このバスケットゴールのメリットデメリットを紹介しています。

良ければ参考にしてください。

 

本記事の内容

バスケットゴールの選び方

壁掛けゴールのメリットデメリット

スタンド式ゴールのメリットデメリット

おすすめのバスケットゴール種類別

スポンサーリンク

バスケットゴールの選び方

壁掛け式のバスケットゴール

スタンド式のバスケットゴール

ボードの素材で選ぶ

年齢で判断をする

購入の際はこの5つを考えていただきたいです。1つずつ紹介していきます。

スポンサーリンク

壁掛け式のバスケットゴール

壁掛けの式のバスケットゴールはスペースをあまりとる事無くバスケットの練習をすることができますが、動きのあるプレイには不向きです。(レイアップなどのプレイ)

壁掛けのゴールは工事で一度取り付けていしまうと移動させることが難しいです。

シュートの練習のみに使用方法が限られてしまいます。その分安く済みます。

スポンサーリンク

スタンド式バスケットゴール

スタンド式のものは、ゴール下にスペースがあるためレイアップシュートなど動きのあるプレイにもできますし、外のシュートの練習も可能です。

ベースタンクに汲んだ水がおもりになってくれるので水を抜けば簡単に移動できるのがメリット。

また、直下にスペースがあるため、レイアップシュートの練習にも役立ちます。1on1で使いたい方にもおすすめです。

ボードの素材で選ぶ

ボードの素材でもゴールを選ぶ基準になってきます。

ここではアクリル・ポリカーボネート・強化プラスチックのそれぞれの素材の特徴を解説します。

アクリル

アクリルは耐久性に優れているのが特徴です。反発力に長けているので、競技レベルでのプレイや練習におすすめ。透明感もありスタイリッシュです。比較的に値段も安いのでおすすめします。

ポリカーボネート

ポリカーボネート製は、今回ご紹介する3つの素材の中でもっとも耐久性に優れています。アクリルも耐久性や反発力はありますが、ポリカーボネートの方がより高く、公式で使用されているゴールに近い感覚でプレイを楽しめます。また、高温にも強く、多少のことでは変形しにくいのもメリットです。

強化プラスチック

強化プラスチック製は強化プラスチックの特徴は軽量であること。それでいて耐久性も程々に高く、コスパ良好なのがメリットといえるでしょう。

真夏に外に置いておくと変形する可能性があるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

年齢で判断する

ゴールの高さ:ミニバス260㎝、中学校からは305cm

ボード:縦105cm、横180cm

リング:直径45cm

ネットの長さ:40〜45cm

高さは床からリングまでの高さのことを指しており、小学生のミニバスケットと一般公式でサイズが異なります。

バックボード、リング、ネットの長さについては、年齢によるサイズの違いはありません。

おすすめのバスケットゴールスタンド式

AxiSkillのバスケットゴール

サイズ/ボード:約115×74cm、ベース:約110×70cm、ゴールリング:直径約45cm、ゴールリング高さ約230~305cm(調節可能)
このゴールは高さも簡単変えるに変えれることができるので、ミニバスで卒業して中学校でもするのであれば高さを簡単に変えることができるのでとても便利です。

高さを変え方はハンドルがあるのでそれを動かせば簡単にできます。

台座には砂を入れることをおすすめします。

私も家にゴールを持っていて水を入れていて水が抜けてゴールが倒れてきたことがあるのであまりおすすめはしないです。私の家では袋に砂を入れて台座に置いています。

このゴールの値段は35.900円です。

LifeRedのバスケットゴール

 

LifeRedのバスケットゴールも高さ調整可能ですが、ハンドルで調整することができないです。そこが少し大変な所です。

スケットゴールのベースタンク移動のサポートに欠かせない、キャスターがついているので移動が簡単にできます!

このバスケットゴールはベストセラーで選ばれている商品なのでおすすめします。

バスケットボールは14,980なのでコスパの良い商品です。

 

リーディングエッジのバスケットゴール

高さ2.3〜3.05mまで調節可能なテレスコープ式ポールを採用、6段階の高さ調節が可能なうえ、一般的なバスケットからミニバスケットと同じ高さまで幅広い高さに対応します。

タンクに足元を取られる心配がないので、気にせずにスムーズなレイアップシュートなどが可能になっています。

現在のベストセラー1位になっています。

値段は19.800円となっています。

おすすめのバスケットゴール壁掛け式

 

カイザー(Kaiser)

室内でバスケがしたいなら、壁にかけるだけなので簡単に遊ばせることができます。また、屋外に常設することはおすすめすることはできませんが、屋外に丈夫な木製地があればそこに取り付けることもできます。

バックボードはお子様用で小さく設計されているためあまり邪魔にならないでしょう。リングにつかまったり、ダンクを頻繁にするなどリングが壊れてしまう危険性があるので安全に使用しましょう。

7号級のボールを使用することが可能です。

ゴールは5.760円で購入が可能です。

カイザー(Kaiser)

引掛金具での設置と、ボルトでの固定設置ができます。室外室内でも使用することが可能です。

ゴールリングにぶら下がったり、ダンクシュートは絶対にしないでください。壊れる可能性があるので

ボールは7号級を使用することが可能です。

値段は3.980円です。



PS4おすすめのフリーク
こちらから
おすすめのフリーク
こちら
タイトルとURLをコピーしました